イメージ
熱処理技術
  • HOME
  • 【熱処理技術】ソルトバス

【熱処理技術】ソルトバス

ソルトバスによる熱処理

肉厚の厚いハイス製品に適します。
熱処理の原点でもあるソルトバスは精度の高い熱処理を可能にします。

ソルトバスの特徴

  1. 侵食作用がない。(表面保護)
  2. 浸漬された製品に対し、ソルトが電磁攪拌をうけて流動しますので、きわめて均一な加熱媒体として作用し(温度分布の優秀性)、そのうえ局部加熱ができる。(局部加熱が可能)
  3. 加熱媒体として十分な熱容量と熱伝導性をもつ。(急速加熱、冷却可能)
  4. 浸漬された製品に対し、浮かびあがらせることなく比重2〜3程度の浮力をあたえ、自重による加熱中の曲がりを軽減する。(変形の軽減)以上の点から、真空炉では得られない理想的な熱処理がソルトバスでは1品からでもおこなえます。
イメージ ソルトバス炉

全自動型雰囲気焼戻し炉で納期の短縮

  1. 搬送台+冷却室、加熱室、冷却室+抽出台の3室構造の全自動スルータイプです。
  2. 製品をバスケットにセットしサイクル開始ボタンを押すと、自動的に焼戻しを2回繰り返し行ないます。最大3個のバスケットの挿入ができ、焼入れした製品は、翌朝自動的に抽出台に送られ、焼戻し工程時間を大幅に短縮します。
イメージ 雰囲気焼戻し炉(全自動型)

イメージ

背景

加熱サイクル

グラフ

1. 予熱

中温加熱炉で850℃の予熱をします。

イメージ

2. 本熱

高温加熱炉で1210℃に保持します。

イメージ

3. 熱浴

恒温処理炉で焼入れします。

イメージ

4. 焼戻し1

洗浄後、560℃で2回プレス焼戻しします。

イメージ

5. 焼戻し2

さらに指定硬度、組織調整のための焼戻しをおこないます。

イメージ

背景

処理可能品

打抜工具、切削工具、成形ロール、剪断刃物、精密金型、その他精密機械部品各種

背景

加工鋼種

SKH材、SKD材、SUS材、SUJ材、SKS材、SK材、各種合金鋼

背景

処理可能寸法

炉の有効寸法W300×L200×D450に入るもので、重量3kgまでの加工品

板物(シャーリングナイフ、板バイト等) 最大径 Φ250
棒物(大径ドリル、エンドミル、各種型等) 最大径 Φ50  最大長 300mm
イメージ 処理例

背景

設備一覧

設備名 使用温度 有効寸法 台数
高温加熱炉(ソルトバス) 1000℃〜1350℃ W300×L200×D450 1基
中温加熱炉(ソルトバス) 800℃〜1000℃ W300×L225×D450 1基
恒温処理炉(ソルトバス) 500℃〜650℃ φ500×D600 1基
油槽   W900×L900×D450 1基
雰囲気焼鈍炉(バッチ型) 500℃〜850℃ φ500×D500 1基
雰囲気焼戻し炉(全自動型) 500℃〜600℃ W450×L600×H375 1基
(バッチ型) 500℃〜650℃ φ500×D500 2基
(バッチ型) 150℃〜600℃ W300×L400×H300 1基
(バッチ型) 100℃〜400℃ W300×L400×H300 1基
  • ソルトバス
  • ハイブライト
  • 検査体制


前のページに戻る
このページの先頭へ