イメージ
熱処理技術
  • HOME
  • 【熱処理技術】ハイブライト

【熱処理技術】ハイブライト

雰囲気焼入れ炉(ハイブライト)による熱処理

ハイブライトは薄物、小物の熱処理に最適です。
ハイブライトでしかできない完全なプレスクエンチ(焼入れ・急冷プレス)で歪を最小限に抑えます。

ハイブライトの特徴

  1. 搬送台+パージ室、加熱室、冷却室、パージ室+抽出台の4室構造の全自動スルータイプですので連続した焼入れ処理ができます。
  2. 冷却時間を調整することで、製品を熱いうちに取り出し完全な急冷プレスが可能で歪を最小限におさえます。(真空炉では取り出し時間が長く、薄物、小物では不可能です)
  3. 真空炉は輻射熱のみで加熱しますがハイブライトは輻射熱+対流熱で加熱しますので製品同士の干渉(カゲ)による温度ムラが生じません。
イメージ ハイブライト炉

全自動型雰囲気焼戻し炉で納期の短縮

  1. 搬送台+冷却室、加熱室、冷却室+抽出台の3室構造の全自動スルータイプです。
  2. 製品をバスケットにセットしサイクル開始ボタンを押すと、自動的に焼戻しを2回繰り返し行ないます。最大3個のバスケットの挿入ができ、焼入れした製品は、翌朝自動的に抽出台に送られ、焼戻し工程時間を大幅に短縮します。
イメージ 雰囲気焼戻し炉(全自動型)

イメージ

背景

加熱サイクル

グラフ

1. 焼入れ・急冷

ハイブライトで1210℃に保持し窒素雰囲気中で焼入れ・急冷します。

イメージ

2. プレス

焼入れ・急冷中に歪防止のため、プレス加工します。

イメージ

3. 焼戻し1

焼戻しは、560℃で2回プレス焼戻しします。

イメージ

4. 焼戻し2

さらに指定硬度、組織調整のための焼戻しをおこないます。

イメージ

背景

処理可能品

打抜工具、切削工具、成形ロール、剪断刃物、精密金型、その他精密機械部品各種

背景

加工鋼種

SKH材、SKD材、SUS材

背景

処理可能寸法

バスケットの寸法W300×L600×H350にセット可能な加工品

板物(丸刃、各種プレート等) 最大径 Φ300 最少厚み 0.5mm
棒物(小径ドリル、各種ピン、アーバー等) 最大長 300mm
イメージ 処理例

背景

設備一覧

設備名 使用温度 有効寸法 台数
雰囲気焼入れ炉(ハイブライト) 1000℃〜1250℃ W450×L600×H375 1基
雰囲気焼鈍炉(バッチ型) 500℃〜850℃ φ500×D500 1基
雰囲気焼戻し炉(全自動型) 500℃〜600℃ W450×L600×H375 1基
(バッチ型) 500℃〜650℃ φ500×D500 2基
(バッチ型) 150℃〜600℃ W300×L400×H300 1基
(バッチ型) 100℃〜400℃ W300×L400×H300 1基
  • ソルトバス
  • ハイブライト
  • 検査体制


前のページに戻る
このページの先頭へ