イメージ
熱処理技術
  • HOME
  • 【熱処理技術】検査体制

【熱処理技術】検査体制

洗練された検査体制

熱処理加工後、抜き取りで硬度、ミクロ組織を検査します。硬度は、ロックウェルCスケールで評価しますが、圧痕は硬度のレベルにより0.05mm〜0.15mm程度つきます。Cスケールで測定が困難な場合は、Aスケールあるいはスーパーフィシャル30N,15Nで測定し、HRC換算値として検査成績表を提出します。

イメージ

イメージ

背景

設備一覧

ロックウェル硬度計 (株)ミツトヨ HR-521 1台
マイクロビッカース硬度計 (株)明石製作所 MVK-E 1台
金属顕微鏡 オリンパス光学(株) BX60MF5 1台
モニターマイクロスコープ (株)キーエンス VH-6200 1台
金属電解研磨機 STRUERS モビポール-3 1台
金属研磨機 STRUERS ラボポール-5 1台
真円度測定機 (株)ミツトヨ RA-114D 1台
  • ソルトバス
  • ハイブライト
  • 検査体制


前のページに戻る
このページの先頭へ